1976年11月3日生まれ,ハワイ州ホノルル出身.4歳よりウクレレを始める。

 

1998年

高校を卒業後、ピュア・ハート(PURE HEART)のメンバーとしてデビュー。ピュア・ハートは、同年、デビュー・アルバム『ピュア・ハート』をリリース。

 

1999年

ハワイのグラミー賞と称されるナ・ホク・ハノハノ・アウォーズで新人賞や最優秀アルバム賞を含む主要4部門を受賞。

 

2000年

セカンド・アルバム『ピュア・ハート2』で再び最優秀アルバム賞を受賞。その後、ピュア・ハートは解散するものの、同年には新バンド、コロン(COLON)を結成。

 

2001年

アルバム『THE GROOVE MACHINE』で3年連続となるナ・ホク・ハノハノ・アウォーズを受賞。

 

2002年

コロン解散に伴いジェイクは、1月にソロ・アーティストとしての活動をスタートさせる。ジェイク・シマブクロの登場によってそれまでのウクレレ・ミュージックの概念は大きく変化していく。ウクレレという楽器の即興性を存分に活かしつつも、クラシックやジャズ、ロック、ブルーズといったあらゆるジャンルの音楽を、卓越したテクニックと独自のフィーリングで情熱的なサウンドへと昇華させ、綿々と続いてきたハワイアン・ミュージック・シーンに大きなショックと驚きを与えていったのである。
4月、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルと契約を交わし、7月にソロ・デビュー作となるミニ・アルバム『サンデー・モーニング』を発表。8月には初めての単独東京/大阪公演も成功させた。また11月には『サンデー・モーニング』の続編ミニ・アルバム『スカインライン』を発表。これら2枚の作品は地元ハワイでは1枚のフル・アルバムにまとめられ、『サンデー・モーニング』としてリリースされた(以後、この『サンデー・モーニング』をファースト・フル・アルバムとして数える)。

 

2003年

ナ・ホク・ハノハノ・アウォーズでは全賞の中で唯一、一般からの投票によって決められるFavorite Entertainer of the Year(今年のお気に入りエンターテイナー賞)と最優秀インストゥルメンタル・アルバム賞の2冠に輝く。これによりジェイクはピュア・ハート、コロン、そしてソロ・アーティストとしてそれぞれのステージでの受賞アーティストとなる。7月にはセカンド・アルバム『クロスカレント』をリリース。またウクレレ・プレイヤーとしては初のフジロック・フェスティバル03のステージにも立ち、その情熱あふれる演奏で目の肥えたフジロッカーズたちを驚かせた。

 

2004年

3作目のアルバム『ウォーキング・ダウン・レインヒル』を発表。このアルバムには、ハワイ州観光局イメージキャラクターに抜擢されて書いたキャンペーン・ソング「レインボー」が収録された

 

2005年

前年に引き続きハワイ州観光局イメージキャラクターに抜擢されたジェイクは、新たなキャンペーン・ソング「ウィズ・ユー・オールウェイズ」をヒットさせた。そして敬愛するカンフー・マスター=ブルース・リーの愛称からネーミングしたアルバム『ドラゴン』を、日本のみならず、全米でもリリース。それに伴い、全世界でも屈指のエージェントとも契約し、活躍の場を大きく広げていく。8月、全米ツアー中のナッシュヴィルでレコーディングを行ない、初のウクレレ・ソロ作品『ピース、ラヴ&ウクレレ』を完成させ、11月にリリース。12月には全米ネットワークNBCの人気番組『コーナン・オブライエン・ショー』に初出演、各方面から絶賛され、注目度も急上昇した。

 

2006年

3年連続でハワイ州観光局イメージキャラクターに抜擢され、キャンペーン・ソング「オン・ザ・ロード」をヒットさせる。日米でリリースされたアルバム「ジェントリー・ウィープス」は全米ワールドミュージック・チャートで最高位2位にランクイン。日本でもインストルメンタル作品としては異例の大ヒットとなり、同時にこの年の日本映画のありとあらゆる賞を総ナメにした「フラガール」の音楽も手がけ大きな話題に。アルバムはオーストラリアでもリリースになり、初のオーストラリア公演も行う。

 

2007年

人気ライブ・イベント、ライブ・イマージュにも初出演。夏のツアーは前年に続いてソールドアウト公演とするなど、ライブ・アーティストとしての人気は高まる一方に。同年、初のベスト・アルバム「マイ・ライフ」をリリース。

 

2008年

2月に初の全曲カバー集「一期一会」をリリース。

 

2009年

初のハリウッド映画となる「SIDEWAYS」の日本盤サウンド・トラックを担当。同年、英国王室御前ライブ 「Royal Variety Performance」でエリザベス女王を前にベット・ミドラーとの共演を果たす。

 

2010年

5月31日、ハワイで毎年行われるハワイのグラミー賞と呼ばれる“ナホク・ハノハノ・アワード”で、『LIVE』アルバムが「最優秀インストゥルメンタル・アルバム」と、 一般からの人気投票で選ばれる「フェイヴァリット・アーティスト・オブ・ジ・イヤー」の2冠を受賞。 公演の合間にはアメリカ大使館にて演奏を披露、ルース駐日大使とも対面を果たした。秋には初の香港公演も実現させている。

 

2011年

ソロ・デビュー10周年という節目の年にニューアルバム「Aloha To You」と、10年間のジェイクの音楽の軌跡を辿る。 本国ではアルバム『Peace Love Ukulele』を発表、ビルボードのワールド・ミュージック・アルバム・チャートでは初登場1位を記録 、2月には楽曲提供&出演も果たしたハリウッド映画『ウソツキは結婚のはじまり/Just Go With It』が全米公開。 NHK Eテレ『トラッドジャパン』ではテーマ曲提供及び1年間のレギュラー出演を果たす。 また、同年4月にスタートしたテレビ朝日系列『モーニングバード!』のテーマ曲は2012年4月現在も継続して使用されている。 3月の東日本大震震災発生直後にホノルルでチャリティ・イヴェントに参加したのを皮切りに、渡辺謙さんの<絆プロジェクト(US)>に 参加、日本ではALOHA FUKUSHIMAなる復興支援サイトを立ち上げ、チャリティ・イヴェント開催や被災地訪問、ツアー中の募金などを 実施。加えて、アメリカ本土ツアーでも募金活動を行なうなど積極的に支援を行なった。映画『フラガール』以来のご縁により、ドキュメンタリー映画『がんばっぺ フラガール! ~フクシマに生きる。彼女たちのいま~』へ 新曲「First Step」提供。10月に10周年記念スペシャル・コレクション『UKULELE X』をリリース。 恒例ジャパン・ツアーの合間には初の韓国ツアーも実現し、着実に活躍の地を広げ続けている。

 

2012年

年明けから精力的に全米ツアーを開始。3月、テキサス州オースティンで開催される音楽コンヴェンション『SXSW』に初参加。 また、足掛け2年に渡りジェイクを密着取材していたドキュメンタリー映画『LIFE ON FOUR STRINGS』が遂に完成、同3月にサンフランシスコで開催された『インターナショナル・アジアン・アメリカン・フィルム・フェスティバル』でプレミア上映される。 10月、アラン・パーソンズをプロデューサー/エンジニアに迎えて制作されたアルバム『グランド・ウクレレ』を本国アメリカでリリースすると共に 「グランド・ウクレレ・ツアー」を開始。

 

2013年

4月末、『グランド・ウクレレ』日本盤がリリース。日本盤のみの特典音源として、世界を舞台に活躍するシンガー、由紀さおりとの コラボレーション「一期一会~ONE WISH 」を収録。 サブタイトルにある“ONE WISH”は、歌詞でも歌われる「願うこと」というフレーズを 象徴し付けられたもので、新しい命との「一期一会」 そして、そのかけがえのない命との出会いに対しての喜びなどが表現され、 未来に向かって普遍的な愛の思いが込められている。透明感ある歌声で美しく歌われた日本語と、ジェイクが奏でる優しいウクレレの音色からなる名曲が誕生した。 春には久々にオーストラリア・ツアーを敢行。5月のジャパン・ツアーでは11カ所13公演を行い、千葉・松戸公演では由紀さおりとの共演が実現。

6月末~7月にはアジア・ツアーで香港、台湾、タイなども巡り、観客を大いに沸かせた。 11月末まで続いた『グランド・ウクレレ・ツアー』は、開始から1年余で、北米、オーストラリア、日本を含むアジア各国で約130公演を敢行、 大盛況のうちに終了。また、自身のツアーの合間には、毎年恒例となったデイヴ・コーズ(ジャズ/フュージョンの人気サックス奏者)との クルーズ・ツアーにも参加した。 12月、この年秋に行なわれたコロラド州はボルダーにある「ボルダー・シアター」でのライヴを収録したDVDをアメリカでリリース。

 

2014年

『2014 UKE NATIONS TOUR』をスタート。 今回のツアーにはベーシストを帯同し、ウクレレとベースによるデュエットを披露。 さらには、普段愛用しているカマカのテナー・ウクレレに加え、同カマカのバリトン・ウクレレの演奏にも挑戦した。 ツアーは、アメリカ本土、カナダ、オーストラリア、日本、香港など120公演以上を行った。日本ではロックナンバーを集約したコンセプト・アルバム『ロック・コレクション』をリリース、好評を博す。また同じタイミングで、テレビ朝日系「ミュージックステーション」に初出演、美しい音色と驚愕のプレイをお茶の間にも届けた。日本公演は7月のFUJI ROCK FESTIVAL出演、9月からの全国ツアーを開催。各地で熱狂を巻き起こした。

 
2015年

年明けからレコーディングをスタート。約2年ぶりのオリジナル・アルバム『トラベルズ』遂に完成、7月に日本先行発売をする。6月には、ハワイ・シンフォニーオーケストラと世界初「ウクレレ・コンチェルト」を大成功に収める。

9月初の英国でのソロ・ツアーを敢行。10月に米国で『トラベルズ』をリリースと同時に「トラベルズ・ツアー」を開始。12月までの3ヶ月間に、アメリカ本土、日本、ハワイで約50公演を行う。12月には毎年恒例となった「ジェイク・シマブクロ・フレンズ・コンサート」をハワイ・シアターで開催、ソールドアウトにする。

 

2016年

日本デビュー15周年を迎える。2月に昨年の日本ツアー(東京・大阪)のライヴ・アルバム「Live In Japan」をリリース。記念ライヴや、アルバム・リリースを予定している。